名島店のブログ

茶そばでしょうか? いいえ、山くらげです。

今回は、金子みすず風タイトルです。

 

奥の机に山くらげを広げていると、よくお客様から「何してるの?それ茶そば?」と聞かれます。

 

これなんですが・・・

 

 

なんだか茶そばの様にも、緑色のかんぴょうの様にも見えますが、山くらげは別名ステムレタス(茎レタス)と言ってレタスの一種で、画像の細長い部分は、硬い皮をむいた茎の部分を乾燥させた物だそうです。

 

一寸これをご覧下さい。↓

 

 

左が乾燥山くらげ、右がそれを30分程水で戻したものです。かなり膨らみます、3~5倍にはなる感じですね。

(もっとかな?)

 

そして、これがとにかく美味しいのです。

こりこりして歯触りが良い、クセになる感覚です。一般的には炒め物にする事が多い様ですが、特にきんぴらにすると絶品です。

その上、山くらげは中国で「皇帝菜」と言われていた程、食物繊維・カルシウム・鉄・カロチン・ビタミンB2など栄養価が非常に高く、市内の病院からも本店にキロ単位で注文が来ています。

店頭でも100g 350円(税込)で販売しています。(一部取り扱いの無い店舗もございます)

まだ、試した事のない方はぜひ一度お試しください。他に似た物がないなかなかの珍味です、おすすめします。

 

 

それから、山くらげにはこんな感じで、所々白く硬い繊維がくっついている所がありますので、これは調理される前に取り除いて下さいね。

 

TEL:092-662-1188までお気軽にどうぞ お問い合わせ